FhishingBoat TWISTERS

一つテンヤの釣りとは?

Fishing Boat TWISTERSからのお願い、アコウハは30cm以下はリリースをお願いします。またリリースされる際は、アコウの浮き袋が膨らんでいますので、注射針とか釣具屋さんにエアー抜きが売ってますので、そちらを使ってエアー抜きした後リリースして下さい。

 

 

テンヤ釣りとは、軸の長いハリのチモトに大きな円錐台型のオモリを付けたマダイテンヤといわれる道具にエサの海エビを刺してアコウ/マダイを狙う釣り方のことである。
千葉県の大原で発祥した一つテンヤは、シンプルでライトなタックルが、コマセ釣りと比較して釣果に遜色がないこともあり、またたく間に全国へと波及していった。
エサを使う釣りのため、ルアー釣りの範疇からは外れてしまうが、タックルや釣り方に共通点も多く、ルアー釣りに似た攻めの要素を持ち、そのゲーム性の高さから、ルアー釣りと平行して行うアングラーも少なくない。
テンヤ釣り自体は江戸時代から受け継がれる伝統的な釣法だが、そのテンヤ釣りの原理を使い、より手軽に狙える※一つテンヤ※の人気が近年になり急速に高まっている。
繊細なタックルを使用するため、掛けてからのやり取りも非常にスリリングでルアー釣りそのもの。 さらにエサを使用するため多彩な魚種にアピールすることが可能で、アコウ以外にもヒラメ、マゴチ、根魚類などがターゲットに入るのである。

 

ライトタックル

生きた海エビを刺したテンヤを底まで沈め、テンヤを上下させてアコウにアピールしながら狙うのが基本である。
通常のテンヤ釣りと違う大きな特徴として、繊細なティップを持つロッドと極細のPEラインを使うことが挙げられる。
船竿にゴツい両軸リールといった組み合わせではなく、一つテンヤ真鯛用ロッドに磯釣りで使うようなレバーブレーキ付スピニングというライトなものだ。
これはテンヤの軽さゆえに考え出されたタックルバランスである。船釣りのオモリとしては軽い1.5号?10号のテンヤが中心となり、深場でもできる限り軽いオモリを使い、ゆっくりしたフォールで食わせられるタックルが求められる。

 

基本のタックル

前述したように、従来のエサ釣りのイメージとは違い、ルアー釣りに近いタックルを使う。そのため手持ちのルアータックルも流用できるので、いきなり全て揃えるのではなく、まずは流用タックルから始めてもいいだろう。
また、船宿のレンタルタックルを利用する手もある。一つテンヤ人気が高まるにつれ船宿でも一級品の専用タックルを取り揃えるところが増えてきたので安心して使えるはずだ。

 

 

アコウを知れば、釣果も伸びる

アコウの特性

最大で全長60p近くになる個体もいるが、比較的多く見られるのは30pほどのもので、ハタとしては小〜中型の種である。
体はやや長く側扁し、眼は緑色、体色は紫褐色で、体全体に瞳孔大の橙黄色の斑紋が密に分布する。この斑紋は、高齢魚になると不明瞭になる。各ヒレは黄色みが強く、背ビレ第11棘下の背側に、黒っぽい大きな斑紋がひとつある。幼魚には体側に3本の黄色い縦帯があるが、成長とともに不明瞭となり、老成魚では消失する。
本種と同じマハタ属のノミノクチによく似ているが、ノミノクチは斑紋が暗赤色であることから識別できる。

 

アコウの性質

沿岸の浅い岩礁域を好み、内湾の堤防やゴロタ場周辺にも棲息する。主に単独で行動し、群れはつくらない。
昼間は岩陰や磯ぎわなどに潜んでいるが、早朝や夕方には中〜表層に浮上して活発にエサをあさる。多毛類、二枚貝類、節足動物などさまざまな生物を食べるが、主要なエサはカニやエビなどの甲殻類で、なかでもカニを好む傾向がある。ひんぱんにエサを捕食するのは早朝と夕方だが、日中でもエサとなるカニやエビが流れてくれば捕食する。また、大型の個体は魚食性が強まる。捕食が活発になるのは、水温15℃前後。飽食すると丸2日ほど索餌せず、冬場の低水温時には週に1回程度しか捕食しないこともあるという。
産卵期は7〜8月で、水深100m以上の深海にいるオスが浅海の岩礁域にいるメスのところまでやってきて産卵を行う。水温25〜27℃で受精後約24時間で孵化し、全長3oほどになると浮遊生活から底棲生活へと移行する。全長5o程度にまで成長すると、体側に多数の朱紅色斑紋が現れ、眼も濃緑色になり、成魚とほぼ等しい姿になる。
水温25℃でもっともよく成長し、通常は孵化後3年で25p、4年で30p程度に成長する。また、ベラ科やブダイ科の魚と同じく、まずメスとして成熟し、成長するとオスに性転換して繁殖に参加する雌性先熟の性転換を行うことが知られている。性転換するのは、全長40p程度の個体である。

 

アコウの歴史と文化

温暖系の魚だけに関東ではあまりなじみがないが、西日本では高級魚として珍重され「夏のフグ」ともいわれる。店頭に並ぶことはなく、ほとんどが高級料亭などに直行し、1s5,000〜6,000円の高値で取引される。
漁獲量はもともと少ないが、近年はとくに減少しており「幻の超高級魚」といわれるほど。そのため、各地で種苗の量産試験や放流実験が盛んに行われるようになり、同時にこれまで解明されていなかった生態が少しずつ分かってきた。
キジハタという和名は、体色が雄のキジの羽に似ていることから付けられた。また、赤みがかった鮮やかな体色から、西日本では「赤魚(あこう)」という名で親しまれている。
ほかにも地域名は数多くある。愛称語の「ア」と、魚名語尾である「コ」を合わせた、うまい魚を表す呼称である「アコ(瀬戸内)」。カサゴ(ハチメ)の仲間に似ているが、体表が滑らかである魚という意の「ナメコバチメ(能登)」。ノミに刺されたような跡の赤色小斑紋が点在していることから「呑の口」の意で「ノミノクロ(長崎)」。「岩礁の魚」という意の「セモン(福岡)」。「夜、寝ずに活動する」という習性から「ヨネズ(若狭湾)」。藻のある岩礁に棲む魚という意味の「藻魚(もくず)(富山)」「藻(も)色(いお)(鹿児島)」など、じつに多彩だ。

FBT NEWS

contact